ここでは仕事探しの方法についてお話します。仕事の求人を探す時は少しでも自分が働きたい職場を見つけることが大事です。ぜひここで紹介する仕事探しの方法を確認して、あなたに最適な職場を早く見つけられるように努力してくださいね。

求人情報誌

求人情報誌で仕事を探すメリット

求人情報誌は、定期的に書店やコンビニなどで販売されていますが、メリットの1つには新しい求人情報を把握できるという点があります。求人情報の販売日に購入することによって、すべの情報が最新の求人情報です…

求人情報誌で仕事を探すデメリット

求人情報誌は紙媒体のため、電話して直ぐに応募できる利点があります。また求人内容が各地方に特化されるため、地元に特化した情報が掲載されることもあります。但し以上の利点は既に求人先が絞られている求職者…

仕事探しをする際のポイント

仕事探しは転職サイトを利用するのがポイントです。転職サイトに登録し自分の代わりに求人を探してもらい、その間に面接の練習などに時間を使い効率良く転職をしましょう。

求人サイト

求人サイトを活用するメリット

求人サイトを活用するデメリット

求人サイトの選び方

求人情報誌を手に入れる方法

無料で手に入れる方法

まずは、無料の求人情報誌を手に入れる方法から見ていきます。 無料の求人情報誌は、主にスーパーやショッピングセンターのような大型商業施設やコンビニエンスストア、もしくは鉄道の駅構内などに設置されています。いずれも、出入り口付近や改札口付近といった、人通りが多く人目につきやすい場所に設置されているため、見つけることはさほど難しくありません。 求人情報誌によって、週1回・月3回・隔週など、発行される間隔や曜日に違いがあります。運送事情などの理由で若干前後しますが、どの求人情報誌も概ね発行日の正午頃には最新号が設置されますので、発行日が分かっている場合はその日の午後に設置場所へ出かけてみるとよいでしょう。

有料で手に入れる方法と、有料ならではのメリット

次に有料の求人情報誌を手に入れる方法について見ていきます。 有料の場合は、いわゆるリアル店舗の書店やインターネット通販を利用して、お金を払って手に入れることになります。単純に有料か無料かで言えば、やはり無料の方を選ぶ人が多いかと思いますが、有料には有料なりのメリットがあります。無料の場合、さまざまな業界の案件を幅広く掲載する求人情報誌が多い傾向にあります。 対して有料の場合、幅広くというよりは、飲食業・航空業界・農業など、ひとつの業界に特化した内容の求人情報誌が中心です。値段は一概には言えませんが、月1回の発行で1500円超と、それなりの値段がするものもあります。その分求人情報以外にも業界の実情を深く掘り下げた記事が掲載されているので、希望する業界が決まっている場合は、有料の求人情報誌を選択してもよいでしょう。