求人サイトを活用するデメリット

求人サイトは求人情報があるだけ

求人サイトは様々な求人情報を掲載しているサイトです。合わせて仕事探しに関わる情報も発信されていますが、必ずしも仕事を探すのにうってつけなサイトであるとは限らないので注意しましょう。大手のサイトになるとかなりの数の求人があるので良い仕事を探せる可能性は十分にあります。地域密着型のサイトを使用するとレアな求人も見つかりやすいので、思ってもみなかったような仕事に携われるようになるかもしれません。しかし、求人サイトはあくまで求人情報を掲載してあって、自由に応募できるという形になっているだけのサイトです。転職サイトと呼ばれるそれ以上のサービスを行っているサイトと比較してしまうとデメリットもあるので注意しましょう。

転職サイトと比較するとわかるデメリット

転職サイトと比較してあるとわかるのがサポートの有無です。求人サイトの場合には求人に自分の判断で応募しなければならず、履歴書や職務経歴書なども自分で作成します。しかし、転職サイトなら相談しながらどの求人に応募すると良いかを考えることができ、応募のときには書類の添削もしてもらえるのです。応募手続きも代行してもらい、書類選考が通ったときには面接の日時の調整まで行ってもらえます。そして、サポートが充実している転職サイトなら面接対策まで実行してもらえる仕組みになっているのです。そのため、転職サイトを使って求人を探した方が手間を減らせる可能性があります。求人サイトではこのようなサポートがないのがデメリットになるでしょう。