求人情報誌で仕事を探すデメリット

絞込み検索ができない

求人情報誌は紙媒体のため、電話して直ぐに応募できる利点があります。また求人内容が各地方に特化されるため、地元に特化した情報が掲載されることもあります。但し以上の利点は既に求人先が絞られている求職者の場合で、全くゼロの状態で仕事を探す人には向いていません。白紙の状態で求職する場合は、インターネットの求人サイトが適していると言えます。求人情報誌では絞り込み検索が難しく、一つ一つの情報を確認するしかありません。また求人情報誌には求人企業の情報が少ししか掲載されておらず、具体的な内容には踏み込んでいません。一方求人サイトでは、クリック一つで様々な企業情報が得られます。加えて、その企業の口コミや社員からの情報なども見られたりします。

情報量の少なさは後悔につながる

求人情報誌は情報量が求人サイトに比べ少ないのがデメリットですが、最低限の求人情報では一々問い合わせが必要となります。それは求職者にとっても、求人側にとっても時間と労力を要することです。情報量が少ないままズルズルと求人に応募してしまうと、後々後悔することになりかねません。何より求人情報誌の場合は求人数そのものが、求人サイトに比べてはるかに少なくなっています。より多くの求人から条件の良い会社を選びたければ、求人サイトで探した方が理にかなっています。求人サイトや転職エージェントでは、専任のコンサルタントがサポートしてくれる場合もあります。ユーザーの要望や能力に応じた、最適な求人先を見つけてくれます。